就職活動でたくさんの企業を受けてよかったこと

新卒の就職活動は本当にいろいろな企業の説明会にいくことができ、時間をかけて自分に向き合うことができます。そして自分の多くの可能性からたくさんの企業を受けることができます。学生の中にはあらかじめ業種を絞って就職活動をする人もいますが、私は自分に何がむいているかわからなかった分たくさんの企業を受けました。

 

 

業種も様々なものを見るようにしました。もちろん受ける企業が多い分時間もとられ大変でしたが、常に自分自身に向き合い働くこと真剣に考えることができた貴重な時間だったと思います。また、たくさんの会社と出会うことで自分自身には何が合うのかわかるようになってきました。

 

 

私はことごとく事務職、一般職は受からず様々な業種を受けたにもかかわらず最終面接に残ったのは総合職のみでした。また、多くの会社の説明会にいったことで、今まで一消費者や一顧客だったところからこんな企業努力としているんだ、こんな社員の人が働いているんだと知ることができ、入社をしなくともその後顧客としてかかわる中で見る目も変わってきました。

 

 

また、仕事をはじめてからも自分の担当のお客様が自分が新卒で受けた会社に勤めているとまた尊敬したり、仕事の話に花がさいたり今の生活にも役立っています。就職活動中はとにかく大変でしたがたくさんの時間を使いたくさんの企業を受けたことで、自分をしり、視野もひろがり、なによりも社会勉強になったと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ