就職活動で忘れられないエピソード

 

 

新卒の就職活動でなぜかいわゆる圧迫面接のようなものに立て続けにぶつかったことがあります。何をいっても否定されてしまう、面接室に入った瞬間に空気が悪いなど面接を受けるたびに心が折れそうでした。実際頭では「採用のため、営業で心が折れないか見ているだけ」とわかっていても実際に圧迫面接もされるとつらいものがありました。

 

 

何度かそういった面接を受けていくと私も慣れてきて、うまく受け答えができるようになりましたが、社会人になって思い出しても結構きついことを言われたなと思うこともありました。面接も通り内定をもらった後に、圧迫面接を担当した上司と会う機会がありました。面接の印象が強く怯えながら挨拶をすると、印象とはことなる優しい言葉が返ってきました。

 

 

「面接のときはごめんね。でも、受け答えさすがだったよ。どんな強いこといっても全然崩れないんだもん。おじさんのほうがつかれちゃったよ。」と言われたとき、怖いと思う人も違う顔があるんだなと思わせてくれました。仕事上お客様に怒鳴られることもあれば静かに怒られることもありますが、そのたびにこの人もいつも怒っているわけではない、とおもうことで随分精神的に助けられてきました。

 

 

就職活動で圧迫面接は賛否両論ありますし、私自身も正直つらい思い出でもありますがどんな面接よりも忘れることができず、仕事に直結するようなものだったと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ